poan-de-kibun

poan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 12日

FGローズ

今日は、京阪園芸の小山内さんの講演に行ってきました。
バラ友さんにお会いしてバラの話しをするのも、楽しみなの♪
皆さん、ありがとう 楽しかったです。

今回のお話しは、F・Gローズについてでした。
切り花とガーデンローズを交配して作出されたバラのことでした。
切り花としても、ガーデンローズとしても、両方で楽しめるバラです。

テーブルに素晴らしいFGローズ達が、なんと素晴らしい~
で、写真を撮ろうとしたら・・・電池切れ(ーー゛) (教訓:出かける前には充電を!!) 


以下、私の脳を一回通過して自分流に書いてるので、小山内さんご本人の言葉じゃないからね。

近年、輸入のバラが沢山市場にでています。
安い輸入のバラに押されて、日本の切り花生産の農家さん達は非常に困ります。
そんな日本の切り花産業、と 日本の環境に適したバラを庭で育てたい人々
そんな願いに一石二鳥なのが FGローズ♪

余談:TVで観たのですが・・
切り花の生産国では、水を大量に使う・農薬 などで環境破壊も問題だそうです。
そういうの聞くと、安易に「わ~っ、お安いお買い得だわ。」と言えないねぇ。

切り花の長所は、花もちのよさ、す~っと伸びた樹形
    欠点は、香りがない、表情が皆似てる。色が単色(微妙な感じの色ないね。)

ガーデンローズの長所は、香り、表情豊かな花形・ニュアンスのある色など多彩
        欠点は、樹形が切り花には向かない。(横張りの子は育てるのも扱いにくいね。)
            花もちが悪い。朝咲いたら、夕方にはクチャって子もいるもんね。

その長所同士が合わせて生まれたのがFGローズ・・・というわけです。

お父さんのバラが、樹形、お母さんのバラが、花形 に影響するんだったかな?
そういったことを考えて、交配してオリジナルのバラが咲いたらおもしろいね。

唯一デジれてたバラ ファーストブルー (このバラ、販売されたらいいな~)
c0204801_2228593.gif

[PR]

by poan-de-kibun | 2009-10-12 22:21 | 薔薇


<< 氷山は白でなくっちゃ!!      マダム・ロンバール >>