poan-de-kibun

poan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 25日

北川村モネの庭 「花の庭」「光の庭」

旅行の最後に訪問したのが 北川村 モネの庭
フランスのジヴェルニーのモネの庭からその名を使うことが許されているお庭です。

北川村は中岡慎太郎の出身地。柚子が有名な自然豊かな土地です。
この場所は、村おこしの為に工業団地にしようとしていたのですが、そちらの話しは上手くはいかなかったそうです。
逆転の発想?で「モネの庭」へと
村の職員がフランスへ行き、熱意で「モネの庭」という名前を使うことを許可されたのだそうです。
世界中で「モネの庭」という名前を使わせてほしいというお話しは沢山あるのだそうです。
実は日本でも他の地でほぼ決定していたのだそうですが、
小さな村の熱意にガンバレ!という応援の意味もあって北川村に決まったのだそうですよ。

c0204801_2121531.gif


まずは「花の庭」



c0204801_21215341.gif


ランチの後にヘッドガーデナーの川上さんがご案内してくださるのだけど、
待ちきれなくて早々にランチを食べて飛び出していきました(笑)

c0204801_21223235.gif


ウロウロしてると、お声をかけてくれたガーデナーさん
知りたいお花があったので、聞いてみたら、、、
丁寧に聞いてきてくださって、メモまで!! 感激♪

c0204801_21225711.gif


パット・オースチンが咲いていた。
声をかけてくださったのが、バラの担当のガーデナーさん。
こちらは無農薬で育てているということ。
これだけ自然豊かな場所での無農薬栽培は大変だぁ。
なるべく強い品種をとモダンやERが多いとの話しでしたが、
逆にこれからはORの方が良いのでは、、と試行錯誤されているとのお話しでした。

そんなこんなしてたら、「かな。さ~ん、川上さんがいらしたので戻ってください!」と添乗員の長谷さんの声
大慌てで転がるように戻って、ご案内していただきます。

c0204801_21234350.gif


c0204801_21235419.gif


モネの庭といっても、そっくりそのままのコピーをする必要はないということ。
庭の規模も気候や環境も違うので同じ植物を植える必要はないのだそうです。

c0204801_21243859.gif


ジヴェルニーのモネの庭から持ってきたダイアンサス。良い香りがします。
でもね。これはこの庭には合わないので取って違う植物にする予定だそうです。

c0204801_21251098.gif


c0204801_21254179.gif


花は絵具。パレットに絞り出された色とりどりの絵具
庭に美しい色を添えて、モネの庭が出来ていくのでしょうね。

c0204801_2126015.gif


c0204801_21261244.gif


ジヴェルニーの庭園管理責任者ジェームスさんが来日した時に
モネの絵、モネの精神にあった庭作りを! とのアドバイス
北川村のモネの庭が作られていきます。
ジヴェルニーのお庭を見たことがある方は、だいぶ違うと思われるかもしれません。
(私は行ったことがないです~~。)

c0204801_21264247.gif


台風11号で倒れた木 

c0204801_2127949.gif


訪問した18日も台風19号が過ぎた後、その前の週も18号が。2週連続!!
高知は台風を避けては通れない場所です。
8月の11号の時は、大きな木が何本も倒れて枝を切ったり撤去作業も大変。
10月の台風では木は倒れなかったものの、草花を保護する時の苦労も伺いました。

c0204801_21295599.gif


「花の庭」を後にして

c0204801_21304192.gif


ここは「光の庭」
ジヴェルニーには、この「光の庭」はありません。北川村オリジナルの庭。

c0204801_2131919.gif


c0204801_21313534.gif


モネが地中海に行った際に描いた絵のイメージで作られた庭。

c0204801_21315395.gif


c0204801_2132439.gif


次は「水の庭」へと・・・・
[PR]

by poan-de-kibun | 2014-10-25 21:33 | おでかけ(2)


<< 北川村モネの庭 「水の庭」      牧野植物園 (2) 2014年... >>