2013年 11月 07日

京成バラ園 2013年11月5日  & φ(..)メモメモ

京成バラ園にお出かけ
今回はグロアマネージャーの入谷伸一郎さんのガイドツアーが目的
「行きませんか~。」とお声をかけていただいて行ったのだけど。
バラ園を日々見ている入谷さんのお話し、今まで気が付かなかったことも沢山

今日はお話しを聞きながらお写真撮ったバラとかをね。
内容も全部覚えてないのと、メモしたけど字が汚くて自分の書いた字がわからない(汗)
なので記憶に残ってることとか自分の感想とかです。

c0204801_0171179.gif


写真、ちょっと違って見える?
カメラいじってたらジオラマモードというのがあったの。
コンデジでも色んな機能があるのを知ったのでした。。。



c0204801_0181067.gif


   
いきなり「何?」って写真ですみませ~~ん。それも昨年のUPの使い回し(爆)
2012年の国バラでお披露目があった真紅の「ベルサイユのバラ」(咲いてたけど写真なし)
それを記念して出来た「ベルばらのテラス」の等身大パネルのマリーアントワネット側
 こっちの方

c0204801_018353.gif


「マリーアントワネット」「プチトリアノン」
とマリーアントワネットにちなんだバラが植えてありました。
知らんかったわ。
入谷さんの手にしてるのが「マリーアントワネット」 手前のころっとしたのが「プチトリアノン」(ボールになってた)
(ご自身もちょっと控えめな方とお見受けしましたので、写真も控えめモードで)
作業着姿の男の人ってかっこよいわぁ~♪

夏に葉が黄ばむことがあって夏に弱めで寒い地方によいみたいです。
片親がバーンシュタインローズ、黄色っぽいFLです。交配親によく使われるみたいです。

c0204801_0223211.gif


ミミエデン
2000年 フランス メイアン

切り花で人気のある小さなお花が花束みたいに咲くバラさん。
ウドンコにかかりやすい。

苗を作るのが難しいバラなんですって。
私達は苗売り場で生産の方の苦労を知らずに手にするけど、色々ご苦労があるのだ。。
苗の生産者さん、ありがとうございます。

交配親は未発表だけど、
お爺さんに「レッドミミ」という品種が使われてるそうです。
レッドミミは鈴木省三さんの作出のバラだそうで、
入谷さんも実物は見たことがないとおっしゃってました。
フランスで作りだされたバラに鈴木省三さんのバラが使われてるのも感激。
故郷ともいえる京成バラ園に植えられているのことに、ちょっと感激。

春に野鳥の森で「ゴールデンリバー」という鈴木省三さん作出のツルバラを見たばかり
ミスターローズのバラは日本の名前がついたバラばかりと思っていたけど
今年は2つも日本名でないバラを知ったのでした。

c0204801_023842.gif


レイニーブルー
2012年 ドイツ タンタウ
母親は切り花のFL × 父親は オールドポート

四季咲きのCL低めのフェンスやアーチに仕立てられて、
丈夫で育てやすいと説明に書いてあるけど・・・

黒点に弱く、ツルにも使えそうだけどそこまで伸びないみたい。
この子はドイツの子だけど、フランスとかだとシュラブという系統の分け方をしないみたいなので
どっちかというとシュラブなのかもしれないね。。。
(HT とFL 分類の仕方で、ツルほどではなく伸びるタイプ子でもシュラブという言い方はしないらしいの。)
シュートを出しにくいみたいなので、古い枝をつかって伸ばしていくのね。
花フェスのニューローズの花壇で見て気になったバラ。。。う~ん悩むなぁ。

c0204801_0245022.gif


スィート パローレ
2011年 ドイツ コルデス

濃いピンクのパローレの枝変わりで色が淡く出たバラ
香りがちょっと不思議な香りだというので嗅いでみる。

爽やか系の軽~~いフルーティな香りの中にスパイシーとブルー系の香りが混ざったような
なんと表現したらいいかわからない香り。でも嫌な香りじゃないイイ香りよ~。

ぽそっと、色が薄くなる色変わりは遺伝的に劣性だから・・・
樹勢はパローレよりも穏やかみたいですけど、弱いわけではないみたいよ。。
遠い学生時代の記憶をたどってみると、皮膚も色黒が優性遺伝子、色白が劣性遺伝子といいましたね。
色が薄くなった枝変わりのバラは、元の濃い目の色のばらよりも気を使って育てた方がいいかもね。

・・で、次にパローレに行くのかと思ったら、植えてある場所が離れてるので行かず
ORの花壇の方に
ツアーが終わって園内を「パローレはどこだ~?」とかなちょんさんと探し回って

c0204801_025189.gif


見つけました。(本当はかなちょんさんが見つけました~~。)

パローレ
1936年 ドイツ コルデス
香りはというと、フルーティな香りにもう少しダマスクの香りも加わった甘いこくのあるフルーティと言った感じ
いい香りです。

パローレってどういう意味と思ったら、「言葉」という意味だって
スィート・パローレだと「甘い言葉」かな。。。。
色だと淡い方がその名の通りにスィートのイメージだけど
香りだけだと、名前は逆なイメージでした~~~。
香りだとパローレの方が甘いし、

パローレ パロレ パローレ♪ 
「甘い囁き」って歌知ってる~?
おフランスではダリダの歌とアランドロンの囁き、日本では中村晃子&細川俊之でカバーしてたんよ。

c0204801_0254938.gif


ルベジュブ
Ch フランス
(お話ししてたのはChのことで、写真とは関係なし)

ORのコーナーではツアーの時間もなくなってきたので駆け足でお話し
入谷さんもティーローズお好きなんですって。

ティーローズはシュート更新をしないから、モダンみたいに3年たって切ったらダメ!
古い枝を残しておくこと。
冬にバッサリゲンコツとかしてダメにしたのはそれが原因か~~。
この冬は気をつけよう。

自分だけだと飛ばしちゃうバラもこうしてツアーで見せていただくと色んな発見があって面白い。
バラ園さんにお勤めだからこそ聞けるお話しも興味津々
また春のツアーに参加させていただこう。。。
バッタリお会い出来たHさん、ちゃんとご挨拶できずにサヨナラでごめんなさいでした。
かなちょんさん お誘いありがとう♪ 楽しく色々と知ることの出来た1日でした。

c0204801_0271663.gif


ツアーが終わってからまたまた園内をフラリフラリ

あっ、この写真ではないけど
ポールトランソン と ポールノエルが隣同士で植えてあるとこがあって、途中で2つのバラが混ざって咲くんですって。
来春確認しなくっちゃ。
何度も行ってるのに、なんとな~~くで見てちゃダメだね。

c0204801_030492.gif


c0204801_0305867.gif


c0204801_031687.gif


エアフロイリッヒ
(作出年作出者記載なし)

c0204801_0315431.gif


ガーデン オブ ローゼズ
2007年 ドイツ コルデス

c0204801_032207.gif


ジオラマで撮ってみた。

バラ園、来年はもう少し考えながら見てみよう。。。
自分だけで見て回ったのでは気が付かないこと沢山、来年もツアーに参加しましょう。。。。
と思うのであった。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、個人的φ(..)メモメモ

c0204801_0331120.gif


c0204801_0332281.gif


サフラノの色の薄くなったバラ、イザベルスクランプ 春に見よう。

●ヒュームズ・ブラッシュ・ティーセンテッド・チャイナ 別名 ロサ・オドラータやスパイス
四季咲きバラとして中国からヨーロッパへ紹介された4品種のうちの一つ
3株、それぞれに入手先が違うので別々のところに植えられてある。

Chのところ 園芸アカデミーの上田先生のところから(うろ覚えのメモ、ラオス)
トレリスのところ 一季咲き(読めないメモ 京成×☆○※) 自分の字の汚さを嘆く
温室のところの鉢 表示はオドラータ ピータービームスのところからバミューダで見つかったスパイス

●キネンシス・スポンタリア
全部出所が違う。

(野薔薇などもどこから採取したかなど、出所が大事)

●Paul Transon 
作出 1900年 フランス   Barbier Frères & Compagnie
交配親Rosa wichuraiana Crép. synonym × L'Idéal

●Paul Noel 
作出 1912年 フランス Remi Tanne
交配親 Rosa wichuraiana Crép. synonym × Monsieur Tillier (ムッシュ・ティリエモン・ティリエール)赤系のティー

テリハイバラ×ティーローズと言ってられたけど
トランソンの父親のL'Idéal ってどんなティーローズ?


あ~ぁ、今から春が待ち遠しい。

039.gif  桔嚢  ジュナン ・・・・・・・
[PR]

by poan-de-kibun | 2013-11-07 00:36 | バラ園


<< 佐倉にGO  (謎が一つとけた)      サンシャインシティ ローズガー... >>